顧問契約の関係

顧顧問弁護士とは、企業と顧問契約を結んでいる弁護士です。
顧問と言うのは、意思決定権はありませんが意見などを述べることができる役職です。
相談役と同じ意味になりますが、弁護士の名称が付くことで、より実践的な立場になります。

弁護士の存在は、その企業にとってはそれほど重要なものではないと考えている方が多いです。
訴訟などが起こり得ることがないですし、平穏な企業では、弁護士の出る幕はないケースもあります。
しかし、ある程度の大きさになったり、将来的なビジョンを持つことになると、法律関係で難しい案件が出ることも少なくありません。

弱小企業と自負している場合でも、法律に絡むことが起こることで突然弁護士に相談しなければならない事も起こります。
起業時に顧問弁護士が必ず必要ということではありませんが、その存在だけは知っておくと何かと役に立つことが多いです。

たいてい大企業にしかいないと思われている顧問弁護士で、いつも企業に席を置いているイメージですが、弁護士事務所などでは契約によって、顧問弁護士を雇うことができます。
何か突然弁護士存在が必要になって、弁護士事務所に相談に行くと、とても高い費用がかかったり、一見さんがお断りのケースも少なくありません。

これから、企業を大きくしたい、企業法務に関係すること、会社内の揉めごとなどがある場合、顧問弁護士の存在がクローズアップされ、必要だったと感じられることも多いようです。

Copyright © 2014 顧問弁護士と企業 All Rights Reserved.